FC2ブログ
伊吹の意味なしブログ
谷山浩子だったり、特撮だったり、本だったり日々のぼやき。 つらつらときままにやっとります。とりあえず大学生です。


プロフィール

伊吹

Author:伊吹
プロフィールの設定があるのに今更気づいたおばかさん
イッタイいつの時代に生まれたのかはナイショの、
永遠の15歳。もしくは五歳児。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ああ可哀想に。ほんっとうに君はありがちな事に捉われているんだねえ
※「喰えば、助けてやる」
「……よかったら、食べる?」


やめておいたほうがいい組合せ

「”文学少女”と神に臨む作家」における心葉の愛情表現を読んだ後で、
「特別料理」(「眼球綺譚」(綾辻行人)収録)の”Aランクメニュー”のことを考えてみる。

「特別料理」読んでたら、別の意味で食べなくて正解だよな と。
そう、思ってしまったよ。

すいすい控えめキングドラを育てよう
と、そだてやに預けて、50個ほどタマゴを孵す。

すいすい  21/50(ひかえめ 10/50)
スナイパー 29/50(ひかえめ 14/50)

スナイパー多くね? 多すぎね? 
確立1/2だよね? 3/5がスナイパーなんだけど?

今日のシンケン
予想の斜め上とはこの事を言う。

太夫とドウコクのアダルトなやり取り……
子供には理解できないだろうなァ
ソースは私w

太夫と一体化したことで三途の川はあふれかえるわ、
封印の文字は通用しないわで、もうどうすんのよ?

姫様が殿に出した提案……

よ、養子!!!!!!!!!

そんなんありか!

殿が「母上」って呼びなおしたのには吹いたわ。
そして、力尽くで倒すのが策って……

次回最終回、どう決着つけるのやら。


今日の自分がバイクのライダー綺譚
父よ 母よ 妹よ

犯人はやっぱり息子でした。
ソレはさておき照井刑事の家族を襲ったWのメモリの持ち主は一体何者なのか。
園咲家とも関わりを持つようですが……
それにしても、
父よ母よ妹よ
で、
去年の八月に俺の家族を殺したのは、キ サ マ だなぁ?
とは、なんという宮内キャラ。


今日の新鮮。
メビウスさま……

なんというか、メビウスさまがかわいそうに思えるのは何故でしょう?
その存在を求め、臨んだのはラビリンスの人々だったのに……
まあ、いいか。
最終決戦はカオルちゃんが大活躍するとおもったんだけどなぁ。
しかし、
大変なのはこれからでしょう。
あのラビリンスの人たちに政事能力はあるのかしらん?
ってなとこが気になるのよね。
それにしても、大輔はかわいそうだなぁ 保留かよw

まあ、ミキタンの弟よりはマシか。
あ の 子 い っ た い な ん だ っ た の ?
終盤ちょっと駆け足なような気がしたし、ダンス要素もそれほど活かされてなかったような?
でも、きっちりと皆で協力してしあわせをつかむ というテーマは描かれていたかと。
次はキュア琴吹さん(@文学少女)ですね。(違
(ついでに、心葉はココだったりする。どっちも小説が絡んでたりする)


スタッフがおジャ魔女どれみと同じなのかどうかは知らないけども、
すんげーどれみ臭がするのだけども。
おもしろけりゃなんでもいいですが。
今度はどんなおちゃめな敵がでるのかしらん?

日記タイトルは綾辻行人さんの「特別料理」(短編集「眼球綺譚」収録)から。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。