伊吹の意味なしブログ
谷山浩子だったり、特撮だったり、本だったり日々のぼやき。 つらつらときままにやっとります。とりあえず大学生です。


プロフィール

伊吹

Author:伊吹
プロフィールの設定があるのに今更気づいたおばかさん
イッタイいつの時代に生まれたのかはナイショの、
永遠の15歳。もしくは五歳児。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回の事件は島田荘司の「占星術殺人事件」に良く似ているわ
※つまり、金田一の異人館むry

遠子先輩がバラバラ死体見たなら卒倒するか。
でも、本当は幽霊は平気なんだと思うぜ、あの人。
何故って?
ビクビク男にしがみついて怖がっていた、
おそらくは極力みないようにしていたであろう幽霊の正体を暴くって
ちょっと考えにくいじゃないですか。
つまりその他の行為も全部計算づく。わーお。
”文学少女”と月花を孕く水妖(野村美月) 参照。

ミステリ的には下の下なんてレヴェルじゃないけど。
あの”白雪”は無理があるし
どうにも、自分を納得させられる、最大限都合のいい解釈をしてみせたようにしか……


「フリークス」(綾辻行人)読了。
したのは昨日どころか一昨日の話。

ある精神病棟の患者の手記を基にした連作ですが、
やっぱりこの物語、大好きです。
世界が瓦解するような、そういう感じで……


この作品読んでると結局、”文学少女”の物語は子供向けなのかもしれないと思う。
ノーマルではない事に悩む者たちがノーマルになろうとする物語に対し
ノーマルなど本当の意味では存在しやしないと語る物語。

というのはさておき、読んでて思い出しましたよ。
”文学少女”は精神に異常をきたした心葉の妄想のようなモノ
と思いながら読んでいたことを。
慟哭の巡礼者のラストの「この世に存在しないはずの人間なのよ」
をそういった解釈をしたのは僕だけでしょうが。
実態は平成ライダーのいつものヒキみたいなもんでしたが(苦笑)
ちょっと違うけど。まあ、”その程度のもの”である。

”文学少女”でアレコレ言いたくなるのは
第一作の「死にたがりの道化」で使えるものを全て使って読者を騙し、世界を崩して魅せて、
「ラノベにも面白い物語があるのだ」と思わせてくれたのに、
続篇では探偵役が
「今回の事件は嵐が丘に似てるわ」
で、事件を解決してしまったからなんだろうなぁ と。


まあ、そんなことをバイト中グダグダ考えてるんですよ(笑
他にももう一つ。

楠桂さんの漫画について。
「イノセントW」や、「ケダモノの唄」なんかの
子供を失った または子供を生むことができず、狂気に陥った女性が出てくる作品、
なんか最近多いような気がするけど
「BITTER VIRGIN」のあとがきなんかで語られたような流産や、不育症の体験がきっかけなのかな

と思ってたが実はそんなこと全然なかった。

かなり前、それも結婚する前からある。
心のバイブルと信ずる「鬼切丸」
そのうち
「鬼子母神の章」では、切に願ってようやく生まれた子供は実は鬼で……
というもの。
「般若の章」は、嘆願して生まれた子供は、実は鬼の力で授けられたもので、鬼がその子を食べさせよ と迫る物語。
いずれも母親の強さを感じさせるもの

最初期の作品群も”母と子”の物語である。
第一話に当たる「鬼の血族の章」では、
「子供を殺された母親は鬼に変わりやすい」
と語られ……
思えば、代表作の「八神くんの家庭の事情」からして、”母と子”の物語と言えるではないか。
楠桂がつづる母と子の関連性は云々

と言いたいところだが、楠桂が一貫して描き続けているのは「女」なんだろうな。

「女」とは? 「母親」とは?

最後にこの言葉で締めておこう


「女ってこえ~」

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。