FC2ブログ
伊吹の意味なしブログ
谷山浩子だったり、特撮だったり、本だったり日々のぼやき。 つらつらときままにやっとります。とりあえず大学生です。


プロフィール

伊吹

Author:伊吹
プロフィールの設定があるのに今更気づいたおばかさん
イッタイいつの時代に生まれたのかはナイショの、
永遠の15歳。もしくは五歳児。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


その男の娘の原稿は俺が飲み込んだ
※パズルのピースを飲み込む人間が居るのだから、
今更、本を食べる少女の存在に驚いてもしょうがないじゃないか。

まあ、遠子先輩は妖怪ですけど。
そして橘さんが人間かどうかは定かではありませんが。


今日はまたもやカラオケに。
歌が下手だったら即演奏中止。
という、鬼畜な採点モードやったのですけど……やっぱり無理ですね。

冒険ロックバットで72%行きましたけど。
つーか、間奏が長いのだけど。
(渋い選択に見えるが水木一郎のCDで知ってるだけよ)

このモードで、ポケモンいえるかな? や いえるかneo? を歌いきれる人、ぜひともお会いしたいです。

で、
今日は「フリークス」(綾辻行人)収録の「夢魔の手 三一三号室の患者」読んでました。
高校入学時に母に買ってもらって、
この作品集に収録された「四〇九号室の患者」が初めて読んだ綾辻行人さんの作品で、その強烈な結末に出くわした興奮はまだ覚えてます。
この作品集はもう何度も読んでるわけだけども、続きはまた明日にでも。
バイトはあと3回か……ベルベル。

―――

云うまでもないことだが、この世界に厳密な意味でのノーマルなど存在しやしない。多かれ少なかれ、僕たちはみんな畸形(フリーク)なのさ。

自分はノーマルだと云い聞かせて安定するか、フリークであるということを引き受けて世界に臨むか。これは実に重要な分岐点だ。
はて、君はどちらを選ぶ? どちらを臨む? 

―――

「フリークス 五六四号室の患者」の一文ではありますが、こういうのを高校時代に読んでると……
Ummmmm
本来、中高生を対象としたラノベを読んでも……
ねえ?
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。