伊吹の意味なしブログ
谷山浩子だったり、特撮だったり、本だったり日々のぼやき。 つらつらときままにやっとります。とりあえず大学生です。


プロフィール

伊吹

Author:伊吹
プロフィールの設定があるのに今更気づいたおばかさん
イッタイいつの時代に生まれたのかはナイショの、
永遠の15歳。もしくは五歳児。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


作家とは
何年か前の作品を読み返すと
「ひえぇ、ヘタだよぅ。耐えられないよぅ。全部書き直したいよぅ」
と情けない声で叫ぶ職業だと私は考えます。

”文学少女”と神に臨む作家 上(野村美月) p116の叶子の発言改悪版
というか、文庫版「お昼寝宮・お散歩宮」のあとがき(谷山浩子)組み合わせたんだけど。
谷山浩子さんの友人の某推理作家の悲鳴だそうです。
絶対、綾辻行人さんですが。


深夜勤明けに母ちゃんの要請で車を発進させ、スーパーに進入しようとしたところ、パンクしやがりました。

雪で縁石が見えなくなっていて、それに乗り上げてしまいまして……

おかげで2万5千円の出費……
夜勤3日分がぱぁ……
ゴルゴムの仕業だ!
来年も小遣い出さんとかいうし
そうなると収入なくなるなァ
バイト続けることは不可能だし。
ガソリン代は欲しい。

そういえば、一緒にバイトしている人の待ちうけがブッキー つまりはフレプリのパインだったのですが(変身前だからブッキーでいいんだけど)
うぅん。リアルで見る萌えオタは……
となるのはなぜかしらん?
ちなみに、伊吹さんの待ち受けはレンストのアームドティラノ。
壁紙は昭和ウルトラの隊長。
20歳のオタクに分類される人間にしてはチョイスが渋いような気がするなぁ。そんなこともない?

今日の侵攻状況

シッポピキピキな天啓を受けたからそんな感じでいってみようか。
つーか、いい加減ジャガーロードぶっ飛ばさないとだよ。
続きいつ書きゃいいんだよ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。