FC2ブログ
伊吹の意味なしブログ
谷山浩子だったり、特撮だったり、本だったり日々のぼやき。 つらつらときままにやっとります。とりあえず大学生です。


プロフィール

伊吹

Author:伊吹
プロフィールの設定があるのに今更気づいたおばかさん
イッタイいつの時代に生まれたのかはナイショの、
永遠の15歳。もしくは五歳児。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Another
※その昔、アナザワさんという人がいたのですが、
アナザワアギトという言葉が浮かんでしまっていた事をココでお詫びいたします。
(アナザーアギトかよ!)

先日、マックに面接に行きました。
採用なら終末電話がかかるそうです。

電話が未だかかりません。


おのれ、ゴルゴムの一員の乾巧。世界の破壊者め。


 まあ、そんなことはさておき、綾辻行人さんの新刊・『Another』読んでました。
 ある中学校の奇妙な現象を扱ったホラーです。
 原稿用紙1000枚分と、長めの物語だけども世界観に引きこまれてあっという間に読んでしまいました。
あっという間っていうか、午後からずっと読んでたんだけど。
主人公が中学生なのに同級生に心の中で『それでいいのか、少年』とか語りかけてて、なんかかわいい。
ミステリアスな少女も大好きです。大好物です。

伊吹さんのかわいいと思う女の子は大概”少女”だよなァ と
ツンデレだとかヤンデレだとかおしとやかとか、そういう形式にあてはめるのではなく。

相変わらず圧倒的な雰囲気を醸し出しています。
それでいて、ある意味お約束などんでん返し。
”もう一人”の正体はなんとなく読めたけども……
なかなかな衝撃です。あの作品を思い出すな……
おっと、これは言い過ぎと言うもの。直接確認してくださいませ。
表紙の女の子はヒロインのメイかな?
(装画を担当された遠田志帆さんのサイト
本編の詳細はコチラから。


なんか、見てたら この人思い出したんだけど。

さて、本作はページを感じさせないくらい楽しませてくれたのですが、
逆にページ分楽しんだかな? と思ってしまうような某作品。
1ページ辺りの量が少ないのかな? とも思うのですが……
そうでないなら、要するに物語が薄っぺら
タ――( 0M0):y=-( 0д0)・∵;; ――ン
(単にそのAAが使いたかっただけだろ!)


今日のシンケン
夕べカレーを食ったやつはいるか?

最初に言っておく。
(天)に悔しい とか言う資格は無い!

すし屋でなんでもいい と言われたからって
カレーライスをたのむことはマジ外道。
しかも実はカレー作りのほうが巧い寿司屋……
繁盛してるし。
成功の道が示されていても、それが自分の夢と違った形であったならどうするか? と言ったところ?
まあ、(土)もやっとスーパー化ですね。

しかし、烏賊ディスクから自力でモヂカラ解析して、
電子モヂカラを作り出し
オリジナルのスーツ開発して
サカナマルによる居合いも鍛え上げて
海老折神も産み出し
インロウマルの完成に一役買ってダイカイシンケンオーに合体して
ダイゴヨウも作って
牛折神からサムライハオーのヒントを得て

んー普通に技術者になれるだろ、寿司屋。
次はファン待望のくっつきネタですね。薔薇方向の。


今日の二分割ライダー綺譚
エキデン(立木文彦の声で)

ちょっとWが手も足も出ないとか、なんだよこのエキデンドーパント。
ハードボイルダーまで完全に置いてけぼりだぜ。
終始圧されっぱなしでフィリップも翔太郎も出てこなかったよ。

今日の新鮮
すげー体力だ と思ったら

まさか、修学旅行先に自分たちの脚で走って向かうとはね。
そりゃ付き合って走ってくれるようなウェスターさんの出番だろうさ。
みんな息も絶え絶えの中、まさか全員逆方向に走っていたから戻らなきゃいけないとは……
一週間かけて今いる地点に付いたようだから、また一週間かけて戻るかと。
間に合わなくなるから、普通に交通手段用いるんだって。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。